蔵の師魂 麦焼酎 鹿児島県 小正醸造

サイトトップへ


山川酒店 営業日
簡単カレンダー 簡単カレンダー

休業日です。

毎週水曜日が
定休日になります。

ホーム 納得の麦焼酎 > 蔵の師魂
宝山シリーズ 甑州

商品一覧
納得の麦焼酎 > 蔵の師魂
商品並び替え:

小正醸造の創業は1883年ですが、それ以前に島津家の祭神・八幡神社のお神酒造りをしていた事もあり、酒造りにおいての歴史はもっと古い。蔵を構えるのは、薩摩半島のほぼ中心、日本三大砂丘として有名な吹上浜に隣接する砂丘の町、日吉町日置ののどかに広がる田園風景の中に小正の日置蒸溜蔵があります。

小正醸造といえば長期貯蔵熟成。昭和32年、他の蔵に先駆けて米焼酎の長期熟成酒「メローコヅル」を世に送り出し、その後も「オールディーズ」「メローコヅル磨」と次々に長期熟成酒を発表。 焼酎の長期熟成があまり一般的ではなかった当時から、いち早くさまざまな長期熟成技術の研究開発に取り組み、そのノウハウを蓄積、現在では長期貯蔵熟成焼酎のパイオニア的存在です。

平成11年に日置蒸留蔵の敷地内に建設された「師魂蔵」は、まさに手造り、極少量仕込みを絵に描いたような綺麗で小さな蔵で、全工程すべて手造りに徹し、老杜氏「薗田一幸氏」により、その時々の原料の見分け方、天候の予測、気温の変化、微生物の気持ち、働き、酒質など、若い蔵人に焼酎造りの神髄を体感させることで焼酎造りの伝統や原点を継承し続けています。

とにかくこだわりが半端ではなく、ひたすらこだわった原料に、創業以来百有余年の業と焼酎一筋に歩んできた匠の魂を注ぎ込み、少しでも旨い焼酎を造りたいと願う蔵人たちの情熱が随所に感じられる丁寧な造りを行っています。

そのこだわりの一つに原料芋がありますが、小正醸造では、鹿児島県金峰町の契約農家「土つくり百姓」として知られる東馬場伸氏が作る良質の黄金千貫をしています。 東馬場氏は、土壌作りから有機栽培に取り組む篤農家の第一人者で、平成13年度には農林水産祭天皇杯受賞。化学肥料は一切使わず、牛糞、米糠、籾殻などを混ぜ、2、3年堆積・発酵させた独自の完熟堆肥を使い、素晴らしいさつま芋を栽培収穫されています。

さらに、同年平成13年には、業界で初の快挙となるFOV有機基準認定を取得し、日置蒸留蔵は、有機先進国であるヨーロッパ諸国にも通用する国際基準を満たした有機農産物加工場として認められました。 これも、自然に逆らわない焼酎造りを旨とする小正醸造が長年に渡り積み重ねてきた焼酎造りに取り組む真摯な姿勢の現れだと思います。
登録アイテム数: 3件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス